@こばやしかをる 先生の撮影会に、名古屋まで遠征してきました!
今回はGR IIIxがレンタルさせていただき、手軽におしゃんぽです。

・日帰りOK
・カメラ片手におしゃんぽ旅
・猛暑を避けて、涼めるスポット


振り返ってみると、最近の旅色のイベントとリンクするところがたくさんです。
この夏の旅プランとして、参考にしていただけたら幸いです。
ピンボケも多いですが、修行中ゆえにお許しください!

名古屋港水族館

名古屋駅から電車で約30分の距離にある「名古屋港水族館」。
イルカ、ベルーガ、シャチが見られる大きな水槽と、そこに差し込む自然の光が私の一番のお気に入りポイントです。
南館はぐるりと回りながら、日本海の魚や熱帯魚、クラゲ、ペンギンなどほかの水族館でもおなじみの生き物たちを見ることができます。なかでもマイワシコーナーは圧巻!

水族館での撮影ポイント

その他にも今回の撮影会で教えてもらったコツ、私が好きなポイントを実際の写真も交えながら紹介します。

水族館撮影の"困った"を活かす

たくさんの人をシルエットとして撮影する
水族館のようにたくさんの人が訪れる場所では、他のお客さんの映り込みが気になります。そこで、少し暗く設定して(露出を下げて)撮影したのがこちら。
9CBF6A85-07F9-4BAA-979B-6CC367B0F4BF-14009-000007F14A884A94.jpeg 80.64 KB
水の濁りはモノクロでかっこよくごまかす
どうしても、エサの残りなどで水の濁りが気になる場合はモノクロモードにすると目立ちにくくなるようです。
R0001771.jpeg 7.9 MB

(実は、この子はアイパッチが他の子よりも濃い目で、それを残したくてモノクロにしました)

こんな写真が面白い-水族館Ver.-

水面キラキラ

特に外の光が差し込む水槽で狙っていたのがこの写真。
他にも先生が撮った、水に写ってゆがんだ模様も面白かったです。
84CD712F-BE4C-4AFF-B3E7-ED3A8F9DCF52-14009-000007F110E78867.jpeg 301.72 KB
深い青のグラデーション
少し暗く、更に蛍光灯モードで青みが強くなるように設定して撮ったのがマイワシの大水槽。
7E3D98C4-BE51-4491-A5DB-6722BDAF4FCB-10869-000006342D6F5E4C.jpeg 3.81 MB
何といっても真正面
イルカと泳ぐのが好きな私ですが、向こうからまっすぐにやってくるこの真正面顔が大好きです。
今回の撮影会でも、いろんな動物の真正面を狙いました。

ずっと寄り添って泳いでいた2頭。笑ったように見える正面顔がたまりません。
037E0BB6-63F4-4B5A-A692-6147F9AEA8BD-6891-00000458ABA33428.jpeg 1.41 MBぐるーっと回りながら泳ぐベルーガの曲がってくるところを狙った1枚。
E7CA6043-5675-477C-B7F9-79632D973C74-6891-00000457E30F4DDF.jpeg 4.82 MB本当はスケルトンな体が特徴の魚ですが、真正面から見ると顔がゴールドに輝いていて可愛い。GR IIIxのマクロモードがお勧め。
52B94B46-E8AC-437B-96C7-7B31733467C3-6891-0000045764B517F8.jpeg 1.15 MBキョトン顔が可愛い。
622F29DD-61B8-48E0-B872-EA6F72D9110A-24712-00000D7CB3FFAF7E.jpeg 3.01 MB
ここぞという瞬間!
イルカやベルーガは表情豊かで、見ている人を和ませます。
偶然撮れた1枚なのでピンボケですが、目まで笑ってる!見ているこちらまでにやけます。
29FB4D02-E54A-4B9C-8684-E8564BBBE651-6891-00000457773B8235.jpeg 540 KB授乳中(と思われる)シーン。
よく観察していれば、こんな場面にも出会えるかもしれません。
29E95C79-213C-41AC-AA94-2A42AA2B7E87-595-00000274080AF004.jpeg 168.76 KB通称”茶柱”ポーズでそこに向かって真っ逆さまに棒立ち?する姿が多くみられましたが、その表情を見てみたら、この顔(笑)・・・笑ってる?   
FD96D9B6-B700-46E4-AD1F-CD16C19471BD-14009-000007F1C9354D8C.jpeg 219.26 KB飼育員さんの動きをよく見ていると、こんなラッキーな瞬間に立ち会うこともできます。
閉館までわずかという時間に外に見に行くと、エサやりしたり、イルカに浮きを与えて遊ばせているところに立ち会うことができました。
R0001751.jpeg 7.34 MB

大きさや距離を伝える
間近で見ると、思った以上に大きいなという印象があるバンドウイルカ。見上げる女性と一緒に写すことで、その大きさがわかるでしょうか?(これは実は、かなり大胆にトリミングしています。いらないところは切り取る勇気も必要ですね。)
B2469910-5F2C-4A17-8CB4-D7D386EC058D-10869-00000647D2635C13.jpeg 348.35 KBすぐそばを泳ぐイルカ。
96A99E85-8332-4539-BE8C-C4FB2A9C0B32-24712-00000D72F055563E.jpeg 103.83 KB
その他にもこんなポイントも。
水族館に来ていく洋服は映り込み防止のために柄物を避ける(黒いと映り込みしにくいですが、イルカやシャチに認識してもらうには、モノクロで白っぽく見える色で大きく動くのがお勧め!)
来る場所を予測してピントを合わせる"置きピン"でピンボケ予防。
工夫次第で色んな写真が撮れます。

シートレインランド

名古屋港水族館の隣には、小さな遊園地「シートレインランド」があります。
入場料無料なので、夕方のライトアップを狙って撮影にきてはいかがでしょうか。

今回は、多重露光を教えてもらいました。
カメラに機能がありながら、うまく使いこなせなかったのですが、重ね方のコツを教えていただき、素人でも幻想的な写真を撮ることができました。

・明るさは暗め、ピントの合った写真を1枚目に撮る
・2枚目以降に重ねる写真は1枚目より明るく、ピントをぼかした写真を乗せる。(GR IIIxの場合、2枚目でマクロモード(チューリップボタン)を使うだけでok)
※ピンボケさせない写真を重ねてももちろんokです
・重ねる写真は2~3枚が良い。

何をどこに重ねるかを考えるのが難しく、他の参加者の写真を見て「こう重ねるのか!」と目からうろこで楽しかったです。
もっといろいろとチャレンジしたらよかった…
D2F61638-1269-496A-A030-E8782109AE31-6891-00000457398F4F7F.jpeg 3.26 MB
多重露光と同じく、教えてもらったのが、躍動感あふれる写真の撮り方。
スローシャッターで撮ると、メリーゴーランドも回っている様子が幻想的に映ります。
616F5D39-078B-43C4-8966-11ECC1CD8804-6891-000004572E7B46C8.jpeg 2.84 MB
斬新だったのが、”ブレるなら、いっそのことブレさせてしまえ作戦”
スローシャッターで撮影している時にカメラを回転させてあえてブレさせる方法。
IMG_9333.jpeg 496.54 KB
iPhoneがすごいのは、とても鮮やかに写ること。遊園地のようなカラフルなところの撮影にはお勧めです。

IMG_9310.jpeg 1.97 MBIMG_9309.jpeg 2.69 MB

水族館と遊園地が併設するところ

他にも水族館と遊園地(観覧車などの簡易なものを含む)が併設するところは以下のとおり(2023年7月現在)。
ライトアップを楽しみたい場合には、開演時間は要チェック!
・八景島シーパラダイス(神奈川)
・葛西臨海公園(東京)
・海遊館・天保山ハーバービレッジ(大阪)
・アドベンチャーワールド(和歌山)

さいごに

カメラ歴も年齢もバラバラのメンバーが集まった撮影会でしたが、皆さんの撮る写真がそれぞれ個性的で素敵で、とても楽しい1日でした。
IMG_9311.jpeg 2.7 MB

名古屋港水族館
アソビューのサイトで事前にチケット購入することが可能です。    

シートレインランド
入場料無料。乗り物に乗るたびにチケットを購入。